今月も一切芳しくなかった。なぜだろうか?身は言われたことはやるつもりであった。それがいけなかったのである。世紀の正攻法にことを進めていけばよかったのである。それを自分勝手に解釈して突っ走るのは時間の無駄というパーソンです。およそ2か月ぶりに成果があった。これはなぜか?そもそも身はこういう家業についてよく理解していなかったのである。1前後を取り去る意味以外を念頭に置いてはいけないのだ。それがたとえどんなに狭く、また著しいマークであったとしても、ここから眼をそらしたものは合計消えて行く辛い国なのである。だから私も決意に心情を入れ替えて取り組んでいく腹積もりです。すでに少なくも成果は出つついる。ということはもう少しであるということです。だから明日勝つことを考えて現下日もこうやって勤行やる。ひたすら勤行あるのみです。雨量の日も、風の日も。今日ようやく身は持ち家にいたら何もしない方だということを思い起こした。まずは持ち家を一歩踏み出して外側に出ることからはじめよう。ザリガニ競馬